たちどまる。やってみる。RSSarchive

(出典: reinventamos)

vialink

vialink

urone:

(;゚Д゚) どうなってんだ 【凄すぎ】最近のミュージカルの「早着替え」がホントに魔法 | DDN JAPAN

urone:

(;゚Д゚) どうなってんだ 【凄すぎ】最近のミュージカルの「早着替え」がホントに魔法 | DDN JAPAN

vialink

“ことわざ(せ)
千慮の一失


◆読み
せんりょのいっしつ


◆意味
よく考える賢者でも、時には間違ってしまうものだ。思わぬ失敗。


◆使用例
彼が起こしたことは「千慮の一失」だ。


◆一言メモ
語源由良は中国漢王朝の韓信が、敗軍である趙の参謀の李左車に教えを請うた時に、李左車が言った言葉である。「智者も千慮に必ず一失あり、愚者も千慮に必ず一得あり」 から。
千慮とは沢山の考え、一失とは一つの失敗。”

千慮の一失・ことわざの意味 (via petapeta)

(出典: ことわざ.biz)

vialink

“高級レストランでユダヤ人とスコットランド人が食事した。
食べ終わってさあ勘定という段になって、二人とも睨みあったまま席を立たない。
しびれを切らした給仕がテーブルに近づき、「どちらにおつけしましょう?」と尋ねた。
スコットランド人のくぐもった声がした。
「私に。招待したのは私の方だから」

翌日の新聞の見出し。
「ユダヤ人腹話術師、殺さる!」”

民族性ジョーク (via poochin)

vialink

gastropostvancouver:

From Gastroposter Michelle Chu, via Instagram:

My take on bacon egg toast cups reconstructed to mini quail egg & sausage in organic shredded potato nests.

gastropostvancouver:

From Gastroposter Michelle Chu, via Instagram:

My take on bacon egg toast cups reconstructed to mini quail egg & sausage in organic shredded potato nests.

vialink

“オタは自分の子供を持てないので自説の根拠に「子供だってこう言ってる!」メソッドは使えないものと思われていたが、姪を持ち出してくれば使える”

Twitter / rindoh (via igi)

vialink

“「1stガンダムの女オタは居ない」とかはどうでもいいけど
その言葉でオタクノスタルジーの地獄の釜を空けた奴がいる”

Twitter / natori (via igi)

vialink

poochin:

Twitter / NAMAZUr: 「今の彫刻刀は安全カバー付いてる」って話を聞いて体が震えてる …

poochin:

Twitter / NAMAZUr: 「今の彫刻刀は安全カバー付いてる」って話を聞いて体が震えてる …

vialink

(出典: tomtomdidymus)

vialink

(出典: humungus)

vialink

ガンダム初代監督が人気出る前に死亡

死後、再評価される

続編が作られ、ガンダム世界の設定も次々につけたされ複雑になっていく

初代監督の幽霊「あのー、、、俺こんなん複雑でわけわかんないのつくった覚えないんだけど?」

ガンオタ「うるせー!黙ってろ!俺らが楽しいんだからいいだろ!しんでろ!」

これがキリスト教

キリスト教の実は知られていないこと:哲学ニュースnwk (via raitu)

vialink

(出典: feeling-illuminaughty)

vialink

fu-co:

AKIRA

vialink

狙いは、大手全国紙の中途採用。当然、記者職である。ただし、いわゆる「キャリア採用」ではない。大学在学中の学生と同じ土俵で競う、純然たる「新卒採用」になる。

 昨年も、倍率は相当に高かったという。実は昨秋、有給休暇を消化して会社を休み、都内で試験を受けたことがある。結果は、筆記試験で落ちた。3年前の学生の頃と同じ結果だった。なかなか面接に進めない。最終面接まで、4回ほどの面接があるという。

 田口は今、都心にある大手マスコミを狙う学生向けの専門学校の通信教育も受けている。作文を書いては、現役の記者たちに添削をしてもらう。点数は合格圏内とは言えないが、夏までには何とか浮上させたいと願っている。

 記者になって、何を訴えていきたいのか。そもそもなぜ、記者という仕事にそこまでこだわるのか……。その回答は、今もない。口から出てくるのは、こんなセリフばかりだ。

「自分よりも偏差値の低い連中が記者なんて……。自分は〇〇大学法学部卒。記者の連中は〇〇大であっても、〇〇学部レベルが多い。そこは、法学部よりも偏差値が3~4ランクは低い。もっと低い、〇〇大学や〇〇大学出身もいる。そんな会社で営業の仕事なんかして、会社員人生を終えたくない」

 辞めよう、辞めたいと思いながら、田口は今日も営業をしている。

「おれより偏差値が低いあいつらが記者なんて!」 通信社の支局で劣等感の炎を燃やす“嘆きの営業マン”|悶える職場~踏みにじられた人々の崩壊と再生 吉田典史|ダイヤモンド・オンライン (via clione)

vialink